マム。のつぶやき
mammam.exblog.jp
ブログトップ
タグ:韓国映画 ( 8 ) タグの人気記事
韓国映画♪
初春、嬉しいお知らせが届きました^^

韓国人チングの진이さんのシナリオが映画になりついに完成しました^^
封切りはバレンタインデーの2013年2月14日ですemoticon-0152-heart.gif

「남자사용설명서 (男子使用説明書)」
韓国サイト ★
e0081339_15243695.jpg

バレンタインにぴったりのロマンチックコメディー♪

封切り初日に、韓国のロッテシネマあたりで
「見たいっ!!」衝動を押さえながら、
日本で静かに待ちます^^

ヒット祈願!!!

もし近々、韓国へ行く方がいらっしゃいましたら、
ぜひ映画館で楽しんできて頂けると幸いですemoticon-0159-music.gif
[PR]
by mam-mam-48 | 2013-02-12 15:38 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(6)
韓国映画 「아저씨 (アジョシ)」 ウォンビン
e0081339_19182952.jpg

韓国 2010年 作品
ウォンビン   キム・セロン

都会の片隅で質屋を営み、世間を避けるように生きている男、テシク。
過去のある事件が、彼から夢も希望も、未来すらも奪ってしまった。




昼間、寝すぎたので(笑)
夜、眠れなくて
深夜の映画鑑賞会「アジョシ」をチョイス^^


本編のうち80%が暴力シーン^^;


ゲゲッ@@;って思ったけど、

この暴力シーンがなぜか美しく見えるのは何故?


ウォンビンが舞っているようにも見える・・・・。



私の好きな「背中が泣いている」ウォンビンがいる^^

ウォンビン、カッコよすぎ~emoticon-0115-inlove.gif

劇中、長髪から短髪へ・・・・・ゾクゾクッとする男前度



韓国に、こんな闇の世界が本当にあるとは思えず、
映画ゆえの作り事と思いたいが

案外、一般人が知らないだけで、
日本にもこういう世界があったりして・・・・の恐怖


ウォンビンで始まり、ウォンビンで終わる「アジョシ」

えげつない暴力シーン満載の映画ですが、
最後、温かい涙とともになぜか癒されます。


釜山の「佐川(좌천)駅付近」が一部ロケ地となっており^^

ちょうど秋のハングル修学旅行が釜山in・outなので、
行けたら行ってみたい^^


ちなみにこの「アジョシ」
公開当初、韓国では


「韓国男性の間では 「決してデートで観てはならない」 

その理由は、ウォンビンがあまりにカッコ良すぎて、

映画を観終わった後、彼女が隣の席の彼を見ると
「タコが座っている」ようにしか見えないから・・・・・・。」  



・・・・・・タコって@@;


ガンガレ~!!! 男子っ!!!
[PR]
by mam-mam-48 | 2011-09-05 20:09 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(14)
韓流ネタ 67 韓国映画 「7級公務員」 
e0081339_23402853.jpg

「7級公務員」

2009年 韓国公開

カン・ジファン
キム・ハヌル

今日は、ハングル友と名古屋まで
「カン・ジファン舞台挨拶付き「7級公務員」ジャパンプレミア」
ちゅ~うやつに行ってきました。

最近、カン・ジファンづいてる!?(笑)

本人登場の挨拶は20分くらいだったかなぁ~?
先月見たときより、ちょっと痩せた感あり。

ミュージカルで、もまれてスリムになったのでしょうか?

髪型がフワフワしてて可愛かったです^^v


本編はとにかく面白い!
久々、声を出して大爆笑^^

詳細は 「7級公務員」(←公式サイト) 自主でお願いします^^


帰り、名古屋駅構内で「ペコちゃんのミルキーロールケーキ」を買ってきました。

e0081339_2347153.jpg

e0081339_23472196.jpg


美味しかったです^^

堂島ロールとどう?って聞かれても・・・・、
どちらも美味しい~としか言いようがない^^;

スイーツに関しては得意じゃなく^^;





・・・・・私、あられ派ですから(笑)
[PR]
by mam-mam-48 | 2010-11-09 23:51 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(4)
韓流ネタ 43 韓国映画 「霜花店(サンファジョム)」
e0081339_10525598.jpg
「霜花店」 (쌍화점)
韓国公開 2008年12月


チョ・インソン
チュ・ジンモ
ソン・ジヒョ




【ストーリー】
元の抑圧を受けていた高麗末期を背景に、
王位奪取の陰謀の中で愛と裏切りのためにすれ違い、
剣を向け合うようになった王(チュ・ジンモ)と護衛武士ホンリム(チョ・インソン)、
元から来た悲運の王妃(ソン・ジヒョ)のストーリーを描く。

制作初期から異性・同性の大胆なラブシーンで話題を呼んだ。

王は高麗の王位を継ぐ元子を得るために、ホンニムに王妃との「夜」を命じる。

王妃と一夜を共にして以来、
ホンニムの心は手がつけられないほど揺れ、
誰も割り込むことができなかった王とホンニムの間に亀裂が生じる。

そして反逆の陰謀が明らかになり、王の怒りは極限に達する…。
歴史の渦に巻き込まれたホンニムと王、そして王妃。彼らを取巻く運命の大叙事詩が始まる。




・・・・・・・・うむぅ・・・・・・・・コメントがしにくい映画ですね^^;
一つはっきりしたことはやっぱ「時代劇物」はダメだわぁ~(苦笑)


韓国では観客動員数はけっこうなものだったらしいですけど、
そりゃぁ~~
インソン×ジンモの危険なラブシーン
インソン×ジヒョの過激なラブシーン 

ええんかぁ~~~!!!
ここまで出してもっ!!  ここまで映してもっ!!  ここまで表現してもっ!!
さすがりっぱな「R指定」(・∀・)!!
モザイクぎりぎりっの激しいラブシーンでしたね^^;

見ているこっちはお腹いっぱいで途中胃もたれしかかりましたけど^^;


私は、王(ジンモ)目線で見てました。
後半のジンモssiの美しいほどの狂気さが素敵でしたわ^^


王に身も心も使える護衛武士ホンリムって、
計算してみると18歳くらいじゃないんでしょうか?
インソン君では、ちょっと「あまりにも大人」な成長しすぎなような・・・・・。


王との情愛しか知らなかった「身体」を、
女性との体験で「男」としての本能を目覚めさせてしまい、
狂うようにむさぼるには、もっと幼い中世的な少年だったほうがリアリティーが増すような・・・・。

例えば誰!?って言われると、キム・ボム君などいかがでしょ?
でも、こんなんやっちゃうと今後の作風にも影響するだろうし・・・。


なんでもこなせる中世的な不思議ちゃん代表ってことで、
やっぱこの役はインソン君しかできないだろうな~・・・・。

とりあえず激しい濃厚なラブシーンではあったけれど、
いやらしさは全然なかった^^


しかし、この手の映画・・・・感想って書きにくい(苦笑)
[PR]
by mam-mam-48 | 2010-01-28 11:24 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(4)
韓流ネタ 42 韓国映画 「キッチン」
e0081339_1253891.jpg
韓国公開 2009年2月 

シン・ミナ
キム・テウ
チュ・ジフン

昨晩、なかなか寝付かれず、
軽く一本映画を観ながらと・・・ONしたら・・・・

良かったぁ~~^^
・・・・で、さらに寝付けず(苦笑)



【ストーリー】
天真爛漫で純粋無垢なモレが、
年上の夫・サンインと結婚して1年が過ぎた。
モレはサンインの愛に包まれながら幸せな結婚生活を送っていたが、
ある日、現代アートの展示会で不思議な青年・ドゥレに出会う。
そんななか、サンインがフレンチ・レストランの開業を決意、
シェフとしてドゥレを連れてくるのだが…。
そして、奇妙な三人での同居生活が始まる。

原作は吉本ばななの「キッチン」





韓国での観客動員数は最低ラインだったとか・・・・・。

私は、どうも韓国であまり人気がないドラマとか映画とかが「ツボ」にはまる体質らしい~!?

私! この「キッチン」好きです^^

インテリア・ファッション、とぉ~ても素敵*^-^*

特にサンインとモレが住んでいるお家が可愛いぃ~~!
こういう「家」が「理想」だなぁ~  和韓折衷っていうの?^^


どんなシチュエ~ションであれ、
見ず知らずの男と、あんな場所であんなことをやってしまうモレ。
それを「やってしまった」と臆面もなく夫に報告してしまうモレ。

現実ならもう修羅場ですわな^^;

そこはそれ、映画であり、モレ役のシン・ミナちゃんの天然ブリと可愛さで許されている。


不思議な三角関係が妙に胸キュンで、
最後、ドゥレがフランスに向かう飛行機の中で慟哭するシーンには泣きました。


淡々と・・・・淡々と・・・・
まったり、ゆったりと時間が流れ、
とっても可愛くて綺麗な映像で、
私はお薦めです^^v


チェ・ジフン
大麻事件さえなかったら素晴らしい俳優になっていただろうに・・・・・・。
今、軍隊に行ってますよね。
軍隊を終えたらまた芸能界のほうに戻ってこられるのでしょうか?
韓国芸能界が許すなら、また一つ・・・・頑張ってもらいたいものです。
[PR]
by mam-mam-48 | 2010-01-27 12:30 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(2)
韓流ネタ 41 韓国映画 「愛なんていらない」
e0081339_0181928.jpg
「愛なんていらない」 (사랑따윈 필요없어 )

韓国公開 2006年11月 

ムン・グニョン
キム・ジュヒョク





【ストーリー】
ある事件により、
派手な生活から借金地獄へと転落したホスト・ジュリアン(キム・ジュヒョク)は、
行方不明の兄を探している資産家で盲目の娘・ミン(ムン・グニョン)のところに
兄だど偽って近づくが・・・。

2002年に日本で放映された
「愛なんていらねぇよ、夏」(渡部篤郎・広末涼子主演)の韓国リメイク版だそうです。





キム・ジュヒョクもお気にの俳優さん^^
ひょ~ひょ~とした雰囲気が好き!声も素敵~。
「韓国のヒュー・グラント」と言われている(・∀・)


映像が美し~!
とっても綺麗で深みがありました。
ひと昔前のフランス映画のような・・・・・。


ただ・・・・ジュヒョクssiとグニョンちゃんってどうなの!?

ジュヒョクの「大人なセクシー」さにグニョンちゃんついていけてない?

最後まで「兄」と「妹」っていうスタンスではこの映画の良さが半減してしまうような・・・・。
後半の盛り上がりにかけるような・・・・。


でっ!?
アホォ~な私には最後がよ~わからん@@;
あれって?
夢なんだよね?  現実じゃないんだよね?

わたし的にはファンタジ~であってほしいんだけど?
ドラマ「サンドォ、学校へ行こう」にも似たり^^

ちょっとヤフったりググったりしたけど、
皆さん、悩んでおられる(苦笑)

韓国映画にありがちなファジーな終わり方って・・・・・
嫌いじゃないけど・・・ストレスたまるわぁ~(≧ω≦)
[PR]
by mam-mam-48 | 2010-01-25 00:47 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(0)
韓流ネタ 40 韓国映画 「スピード・スキャンダル」
e0081339_2046153.jpg韓国公開 2008年12月

チャ・テヒョン
パク・ボヨン
ワン・ソッキョン(子役)


午後から、ちょっとした「心配事」発生@@;
心にストレス・・・バリバリ突き刺さり・・・・。

なんとか回避しようとお気楽な映画をチョイスして見た。



【ストーリー】
かつての大スターで今をときめく人気DJの「ナム・ヒョンス」(チャ・テヒョン)の前に、
ある日突然、自分が娘だという「ファン・ジョンナム」(パク・ボヨン)が
息子(ワン・ソッキョン)を連れて現れるというもの。
隠し子の登場で危機に直面する「ナム・ヒョンス」のドタバタの日々を描いた映画。





山もなく、谷もなく、えっ?もう終わり!?
なんか、ゆるゆるのエンディングでしたが・・・・・素直に面白かった(・∀・)!

久しぶり声を出して笑ってしまった^^v

チャ・テヒョンって、こういうパ二クったお笑いが上手いですよね~。
彼の作品は安心して見ていられます。


いやぁ~しかし、この映画のスター☆は
子役のワン・ソッキョン(当時5歳)だね!
5歳にしてジジィ~のような悟った表情が何ともチョア~^^v


映画の最後のほうに「映画の中でのCM」場面に
チャ・テヒョンの本当の息子(チャン君)が登場してます^^

お見逃しがないように^^




e0081339_2153156.jpg

韓国 2009年8月放送

「お嬢さんをお願い」
ユン・ウネ
ユン・サンヒョン
チョン・イル

このドラマにも
クソ生意気なキャラで出ているワン・ソッキョン


ウネちゃんのあまりにの傲慢ぶりに2話で放置してあるんですけど、
ワン・ソッキョン狙いでもう一度挑戦してみるかい^^;
[PR]
by mam-mam-48 | 2010-01-23 21:14 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(2)
韓流ネタ 37 韓国映画 「白夜行」
東野 圭吾 氏のベストセラー「白夜行」が韓国で映画化されます。

「白夜行」

残念ながら本はまだ読んだことはないのですが、
山田君とはるかちゃんでドラマ化された時、時々見てました。

第一話の幼少期の時代があまりにも衝撃的で、
映像もとっても幻想的だったような気がします。


韓国版では
コ・スが、除隊後の復帰作として「白夜行」を選び
ソン・イェジンと共演してます。

執拗な刑事役にハン・ソッキュ

日本版の武田鉄也にはちょっと違和感があったので^^;

ハン・ソッキュの演技に期待大!

韓国では11月19日封切り

日本でもやってくれるかなぁ~?
久しぶり、映画館でちゃんと見たい気分にさせてくれる映画です^^;


予告編

[PR]
by mam-mam-48 | 2009-11-10 23:23 | ■韓流ネタ・ドラマ | Comments(0)