カテゴリ: +2008.5月( 7 )

韓国旅行 08.05.21 最終日

7時頃起床

今日は、息子の要望で革のジャケットを買いに
イテウォンまで行きます。

地下鉄に乗っていくつもりが、突然雨が降ってきたので、
傘もないことだし、ホテルに横づけされているタクシーに乗って行くことに。

日本語ペラペラの模範タクシーに乗ったのがいかんかった。

「イテウォンで革を買うなら、私がもっといいお店を案内してあげる」
「コピーのバッグはいらんかね? いいお店があるんだけど」
「今日、一日貸し切りにして、いろんなところに案内してあげようか」だの、
はっきり言ってウザい^^;

「あっ、もう韓国に何回も来てるし、知ってるお店いっぱいあるから、大丈夫。
ご親切にありがとうね」って言ったら、 ←なぜに上から目線^^;

「アラッソ アラッソ」って言ってすんごく静かになりました(苦笑)

イテウォンにある「ノースビーチ」って言うお店で、
とっても感じ良く、ノリの良いキムさんお勧めのこのジャケット購入!

e0081339_15422079.jpg

キムさん曰く、グッ◎のデザインのコピーものだと・・・・。
本物だったら75万とか言ってたけど、もちろん4万円で買ってきました。
手触りの良い革で、息子も大気に入り!!
早く秋になって、着たい!!って^^;

足の短さは置いといて、このGパンがジソプキャラのお店のGパンです。

e0081339_15445637.jpg

若干後ろが違うんだけど、なんとこのジャケット
「悪い愛 モッテン・サラン」でサンウが着てるジャケットとそっくりなんだなぁ~^^
・・・ってことは、サンウはモノホンのグッ◎かいっ?

サンウに対してはビミョウ~な時期だけど
でも何気にうれしかったぁ~~!!
息子も喜んでた(笑)

帰りはイテウォンから安国まで地下鉄に乗り、
インサドンをのんびり歩きながら

e0081339_15543612.jpg



e0081339_1555141.jpg

インサドンの町並みにふさわしく「スターバックス」もハングル表記


e0081339_15552670.jpg







Photo by 息子

今回の旅行一番のお気にいり写真
あえてセピア色に^^
とっても綺麗なアジュンマでした。



そして、お昼御飯にマンデゥを食べ
チョンゲチョンを散歩しながら
e0081339_155821.jpg



ちょうどきっかり2時にホテルロビーへ

ロッテホテルに入ろうとしたら、タクシーがスス~と滑り込んできて、
またオーラがビシバシと突き刺さる

降りるや否や、ジャケットを羽織る姿があまりにも素敵で
ジ~ト見たら、キム・ソンスでした^^
e0081339_1955182.jpg

このときはとってもうれしかったけど、今思えば因縁がぁ・・・。
サンウに「嫁」を紹介したのはソンスとわかって・・・・(怒!)


今日もテンション高いソウさんのお迎えで、
お土産屋さんに一軒立ち寄り、インチョン空港へ


インチョン空港内の新羅免税店で、やっと彼女に頼まれたという香水がみつかりゲット!
やっと、思い出した
e0081339_16245686.jpg

マークジェイコブスのデイジー




最後にお決まりの冷麺とキムチチゲを食べて
e0081339_1693421.jpg

インチョン空港内の冷麺好きなんですよぉ。


これにて、この旅も終了!! 機上の人とあいなりました。
e0081339_1610233.jpg




息子2との初めての二人旅
息子1よりも息子2とのほうが波長が合うので、
とっても穏やかな想い出深い良い旅となりました^^

ただそぞろ歩きしているだけで・・・・、
「お母さん、写真撮ってあげるよ」って言う何気ない一言に・・・・、
胸がキュ~ンとなって・・・・センチメンタルジャ~ニ~^^;

また一緒に行ける日が来るかしら?


長いお付き合いありがとうございました。
これにて息子との旅行記は「完」でございます^^
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-22 16:03 |  +2008.5月 | Comments(8)

韓国旅行 08.05.20日 二日目 その4


ええぇ~と、
緊張の「板門店ツアー」から帰ってきたのが夕方の5時を過ぎていたかな?

まずはお腹がすいたぁ~ってことで、
「明洞ギョウザ」へ行きました。
e0081339_13352421.jpg


ほんと!おいしいと思う
こうやって画像加工しながらも生つばが・・・。


がっつりいただいた後、
息子は私が好きなチープなお店より、免税店のブランド物に興味があるようで、
ロッテ免税店へ。

彼女に頼まれたナントカっていうところの香水を探しているのですが、
ロッテ免税店でも人気の商品で売り切れ。
じゃぁ~ってことでタクシーに乗って東和免税店まで行きましたが、
そこでも売り切れ。


帰りは、夕暮れの中、明洞までプラプラ帰ってきました。
e0081339_13433555.jpg

支庁の広場 なんかイベントがあったみたい


e0081339_1344033.jpg

横断歩道を歩きながら息子がパチリ


e0081339_1346519.jpg

「このホテル」がサンウが電撃結婚発表したホテルです(泣)


明洞の露天のお店を冷やかしながら、
息子が「ここまでしてええんかい?」みたいなコピーぶりにびっくりしてました^^;

ナントカっていうブランドの(若者のブランド名にはついていけん)
お高いGパンが、どっからどうみても本物そっくりだと^^;
それが3千円って・・・・・・(泣)

「ここのお店良さげぇ~~! ここでGパン買おうかなぁ~」と、息子が選んだお店が
ジソプがCMキャラクターをしているお店で、(息子はもちろんジソプのお店だとは知りません)
なかなかお洒落な造りで、店員さんもイケてました^^

ただ、ここの店員さん日本語通じませんので、
息子のあ~でもないこ~でもない細かい注文に、
母、ひとつ頑張りましたえ^^

なんとかお気にのGパンを1本ゲットし
「お母さん!すごぉ~~~い!! 通じてるやん」と賛辞され 
(あくまでも、何もわからない息子からしてみればですよ^^;)

お会計を済ませようとすると、
その店員さん (ちなみに若いナムジャ)
私のことを熱烈ジソプファンのイルボンアジュンマだと思ったようで、
ポスターじゃ~、カタログじゃ~、マウスパッドじゃ~、なんじゃかんじゃぁ~と
グッズをいっぱいいただき、正直、ポスターは持って帰るのに大変だからいらんやろぉ・・と、
思いつつも、ナムジャの行為を無にしてはいけないと、大切に持って帰ってきました。

もちろん、帰ってきてジソプファンにそっくりそのままあげました^^


夜食に、昨晩と同じ屋台のお店でキンパッとトッポキを買って、部屋に戻る途中、
ロッテホテル1階にある「イタリア・ワインバー」のお店の前を歩いてたら、

オープンスペースになっているところから、
バシバシ、すごいオーラが突き刺さる!!

うんっ?って見てみれば、
「ファンジニ」に出ていた師匠役のキム・ヨンエさんでした。
e0081339_1412492.jpg


そりゃぁ~もうお美しく楚々とお座りになっておられましたよ。
どなたかと待ち合わせしている雰囲気でした。

部屋に帰ってさぁ~トッポキ食べようと思ったら、お箸がないことに気がついた。
手で食べようとする息子に
「待て!待てぇ~~!
 何のために高いホテルに泊まってんの、なんでも頼んでみんかい。
 持ってきてもうたらええやんかぁ」と、フロントに電話して。

ほどなく部屋にピンポ~ンと。

ボーイさんが、どんなお箸?っていうくらいのお箸を、ものごっつう丁寧に持ってきていただき、
恐縮^^; (←写真撮ってくればよかった)


ほんと、ロッテホテル新館最高にくつろげて・・・・・。
次、ここに泊まれる日はいつだろう!?

さてさて・・・最終日はまた・・・・アンニョ~ン♪
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-22 14:09 |  +2008.5月 | Comments(0)

韓国旅行 08.05.20日 二日目 その3

ではいよいよぉ~~~!! 今日も長い(苦笑)

バスが、「共同警備区域 JSA」の「自由の家」の前で止まります。
 *自由の家=国連側が訪問客用として設けた展望台

荷物は全部バスの座席に置いたままで、カメラだけ持っていってよいとのこと。

二列に並ばされ、
「すばやく! 静かに! 声を出さない!」と、言われ・・・・ ←まるで修学旅行の学生^^;

たまたま先頭に並んでしまい、緊張もピークに!


いきなりですが、ここからが「JSAの中にある本会議場」内部です。
e0081339_22235470.jpg


e0081339_2228885.jpg

わかりますかぁ?  (↑この体型の差^^;)
机の真ん中にマイク(黒いちっちゃい物体)と旗が立ってますよね。
そのマイクと旗を境に北と南にわかれていて、
ようするに私たちのこの位置はもう「北」なのです。 
  ↑あえて国名は書かず「北」と称させていただきます。
   今、また微妙な時期ですし・・・・・。

私が、この机の上にデジカメをなにげに置いてしまったら、
「机には触らない! 物を置かない!!」って、即効注意が飛んできました^^;


e0081339_22301343.jpg


この軍人さんの後ろにある扉の向こうが「北」です。
「この人より後ろには絶対に行ってはいけません!!」と、何度も注意を受けます。

もし、この軍人さんの後ろに回った時に、「北」の扉が開いて、
手を引っ張られ拉致されても、誰も助けにはいかないから・・・・ってことでした。


e0081339_22342034.jpg

ツアーで一緒だった外国人の方々。


外の展望台から「北」の建物がよく見えます。
e0081339_22382729.jpg

「北の板門閣」
北の軍人さんが見えると思いますが、彼は大きな双眼鏡で私たちをずっと監視してます。
そして、どこかの窓から私たちの姿を一枚、一枚写真に撮ってるそうです。

「絶対に北に向って指を指してはダメ!」って言われても、
ついつい 「あっ!あそこ!あそこ!」って、
指を指してしまう生物だということがよくわかりました。

何度、息子に注意されたことか^^;
特におばちゃんとおじちゃん世代はダメですねぇ。


バスに乗り込んでからでないと撮らせてもらえない写真 ↓
バスがゆっくり走ってくれるので、車中から息子が連写して撮った中のベストショット。
私と言えば・・・息子が連写している間、一枚しか撮れず^^;

「あのさぁ~、お母さんってさ、デジカメってこと忘れてない?
 フィルムカメラじゃないんだからドンドン撮ってドンドン削除していったらええやん・・・・」
って、痛いところつかれました。

私、どうも一枚、一枚を考えすぎて撮ってしまうんですよね^^;

e0081339_2246528.jpg


e0081339_224631100.jpg


決して蝋人形ではありませんからね^^;
微動だにしない生きている軍人さんたちです。

身体は半分建物に隠すように立つのが基本姿勢だそうです。
そして、みなさん常に真っ黒いサングラスをかけています。
目の保護だけではなく、目の動きが相手にわからないようにするためのサングラスだそうです。

ガイドさん曰く
「みなさん、今日は良い天気でよかったですね。
 雨の日でも、傘は凶器になるのでさせないんですよ」
って? たまたま雨の日に重なったら、濡れたままでツアー続行なんでしょうか?


こんな風にサラァ~と書いてますけど、グッと胸に迫りくるものがあって、
ずっとウルウルしながらのツアーでした。

最前線で頑張っている軍人さんを見ると、胸にこみ上げるものがあります(涙)
あくまでも今は休戦中であって、いつ、いかなるときに有事になるかもしれないという
緊張感がピーンと張り詰めている場所ですもの・・・・・。


e0081339_2303195.jpg

これは「北の平和の村」
いわゆる「看板村」と言われているところです。
大きな建物が立ち並んでいるように見えますが、これらはすべて偽物で、
誇示するために建てられた建物だそうです。 こういう「北」の姿勢、とっても空しい・・・・。

e0081339_2340887.jpg

キャンプ・ボニパスの中はこんな風に必ず軍人さんの監視つきです。

e0081339_23414356.jpg

「帰らざる橋」
1953年 停戦後、戦争捕虜の交換が行われ、
捕虜たちが一旦「北」か「南」かの方向を決めたら、
二度と帰ることができないことからこの名前が付けられたそうです。


キャンプ・ボニパスの入り口に戻り、観光バスに乗り換え
一路、ソウルまでノンストップ

なんかいい意味ですけど・・・・ドォ~と疲労感が・・・・緊張の糸がプツッと切れて・・・。

ガイドさんも、
「帰りはもう眠っていってくださいね。とっても疲れたでしょ^^」って言われました。


この板門店ツアーは外人の人しか参加出来ないんです。
韓国人の人が参加しようと思うと、2か月前くらいから申請書等々いろんな書類を提出し、
とっても審査が厳しく、
しかも、一人でないとダメだそうです。
家族とかお友達同士の参加は認められないそうです。
「北」への逃亡を避けるためだとか・・・・。
韓国人だけのツアーのときは、パスポートチェックも3~4回あるそうです。

息子もこのツアーに参加したこと、考えさせられるとってもいいツアーだったと言ってました。
家に帰ってから息子にイ・ビョンホン主演の「JSA」を見せてあげました。

「板門店ツアー」に行かれるのでしたら、
行く前に「JSA」を見とくとより感慨深いかも。


ではでは、続きはまた・・・・・アンニョ~ン♪
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-12 22:47 |  +2008.5月 | Comments(4)

韓国旅行 08.05.20日 2日目  その2

今日はとにかく長いです・・・・・覚悟してくださいませ^^;

農村地帯のおいしい空気を吸ったせいか、
このあたりから段々体調も回復。

プルコギに手をつけなかったのでお腹がすいてきて・・・・、
そんなこともあろうかとバックにパンをしのばせてきたので、
ほじほじ、ちぎりながら食べていました。

ここからはしっかと!!ガイドさんと目を合わせながら、
うなずきながら、説明等聞いていました。

バスにほどなく揺られ着いた先が、
臨津閣(イムジンガク)にある「自由の橋」
e0081339_21553219.jpg

かわいいキャラクターマスコットが、ここの雰囲気と妙にミスマッチで^^;


e0081339_21582482.jpg


「自由の橋」とは
「1953年休戦協定締結後、戦争捕虜がこの橋を渡り完全に自由の身になったことから
「自由の橋」と呼ばれているそうです。


さて、ここからがツアーの中核。
イムジンガクを出発し、ガイドさんの声も注意も大きくなります。

バスは、だだっぴろい道路をひたすら北へ走っていきます。
有事の時は、このだだっぴろい道路が滑走路になるわけですから。

ここんとこ定かではないんですが^^;
大きなゲートをくぐり抜けたような?
ちゃんとメモっとけば良かったものを・・・体調不良のためそこまで気がまわらず・・・・。


「今から、写真は一切禁止です。外の写真も撮ってはいけません。
 私が、いいっていうところだけしか写真はだめですからね!!
 一人が約束を守らないと、即!中止になるツアーですので、皆さん、心してくださいね!!」

体調は良くなってきたというのに、
ガイドさんの説明等聞いていると、緊張してきて肩がコリコリで頭痛もし(苦笑)


バスの横を軍隊の車が二台走り抜けていきました。

迷彩服を着た、うちの息子と同じような年齢の男の子が、
荷台にワラワラと乗ってます。

居眠りしている子、遠くの空をホォ~とみている子、
私たちのバスに手を振っている子。

・・・・・・・・彼らを見たとたん、なぜか涙があふれて、涙を隠すのに必死でした。
あの子たちのオンマの気持ちになったら胸が熱くなってきて、
そして隣に座る我が息子を見、日本の平和(ボケ?)をありがたいと思い・・・・。

ここからずぅ~と私、最後まで涙ウルウルのツアーだったんですけど^^;
きっと、韓国人のガイドさん
「このイルボン アジュンマは何故?泣いてんの?」と、思っていたに違いない。


ほどなくするとバスが止まり、迷彩服を着た韓国の兵士が乗り込んできて、
一回目のパスポートチェックです。
空港の入国審査よりジィ~と見られます ←そんな気が?

若いかわいい韓国の兵士とジィ~と目を見つめあうのはいささか照れたりはしますが、
でも、背中にでっかい銃を携えているのを見るとやっぱ!緊張っ!!


またしばらくバスは走り進みます。
そして、キャンプボニパス到着。
   *キャンプボニパス=国連側の最前線基地

ここの駐車場で「何待ち?誰待ち?」っていうほど待たされました。

ガイドさんによると、急に要人の訪問があったようで、そのためにここで待機しているとか・・・。
政府要人の訪問の為に、急遽ツアー取り消しもあるとのこと。
とにかく、バスの中でじっと待つしかない状態。

やっと、許可がおり、いよいよ頑丈なゲートを通り抜けて基地の中へ。
私の緊張と頭痛もピーク! 薬飲みましたよぉ(泣)


基地内に入ると、今まで私たちが乗ってきたバスではなく、
軍のバスに乗り換えさせられます。
運転手は、韓国人の軍の人。
そして、乗り換えたところで二回目、パスポートチェックです。
今度は、アメリカ人のハンサムな軍人。

やっぱお国柄?
「ハァ~イ! ウエルカム!」って軽いノリでパスポートチェック

その彼も銃を携え同乗し、基地の中のうねうねした道を走り、
とある施設の中で「共同警備区域 JSA」のスライド説明です。

このときに「訪問者宣言書」にサインをしなくてはいけません。
        ↑ たいそうだけど、わら半紙だから^^;


でも書いてあることは強烈!

「・・・・・・・板門店の統合警備地区の見学は・・・・・・、
敵の行動によっては危害を受ける、
または死亡する可能性があります。
・・・・・・事変・事件を予期することはできませんので、
国連軍・アメリカ合衆国及び大韓民国は
訪問者の安全を保障しすることはできませんし、敵の行う行動に対して、
責任を負うことはできません。」

ようするに・・・・死んでも知らんぞっ!っと・・・・・。

ここでも再度!再度!注意です。

服装チェックもありますからご注意を。
半ズボン ミニスカート 迷彩服 Tシャツ サンダル 露出の多い服  等々ダメ。
少し前までは、Gパンもダメだったらしいのですが、
最近ではきれいなGパンだったらOKなようです。
ちなみにうちの息子はわざわざチノパンを買って行きました・・・・。

もしここで服装チェックされ、ブー×が出た場合でも
着替える服が用意されているとのこと・・・・ご安心を。 


大声を出してはダメ!
手を振ってはダメ!
指を指してはダメ!
むやみに色んなものに触ってはダメ!

ダメダメ尽くしの注意を再再再度受けながら、また軍のバスに乗り、いよいよ!!
ドキドキの板門店 JSAの見学です。

この続きはまた・・・・・アンニョ~ン♪
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-10 22:04 |  +2008.5月 | Comments(2)

韓国旅行 08.05.20日  2日目 その1

AM7時半起床
・・・・おえっ(泣) 朝から私、絶不調
昨晩の少ししか食べなかった焼き肉さえも胃にもたれて吐き気が。
いっそ、リバースしてしまうと気持がいいのだろうけど、
何度もトイレに駆け込むがリバースできず・・・・。

今日は、息子の希望もありで、もちろん私も一度行きたかった
「板門店(パンムンジョン)ツアー」へ出かけます。

ほぼ一日、バスでの観光
私、大丈夫かぁ~~~~!?

AM9時半にロッテホテル本館のツアーデスクに集合
体調回復せず・・・・息子一人で参加させようかと思ったほど。


e0081339_12512136.jpg

板門店には個人では行けませんので、
必ず国が認めている旅行社のツアーに
参加しないと行けません。



バスはほぼ満席 ちょうど半々
外国人は後方に、日本人は前方に、ちゃんと決められた番号の席に座り、
途中の勝手な座席移動は許されません。

英語での通訳、日本語での通訳と通訳の人が二人同乗します。

ガイドさんの説明・諸注意が始まります・・・が、
とっても興味深いお話をしてくれてるのに、
失礼とは思いつつ薬を飲んで体力温存のためガッツリ寝てしましました。

e0081339_1322689.jpg


   「肉弾十勇士像」             息子の後ろ姿

すいません・・・・・このへんまったく記憶なし^^;
ただ、お天気がサイコーでとっても空気がおいしいところだったということだけ覚えてます。


外の空気を胸いっぱい吸って、ちょっとまったりしたせいか、
だんだんと体調も回復しつつあり。


そしてちょっと早目の昼食タイム
農村地帯の真ん中、のどかぁ~なお店で「プルコギ」です。
e0081339_13155280.jpg


e0081339_1316980.jpg

私、体調がすぐれないうえ、プルコギの匂いが苦手で
ほとんど手をつけず・・・・・息子が二人分完食してくれました。

隣のテーブルは、おばさんと姪っ子の二人組
いつもの私だったら、食事しながらなんだかんだ話かけるのですが、
今日は、そんな元気もなし・・・・・そうそうにお店を出て、外を散策しながらプラ~と。

空気がおいしくて気持ち良かったぁ~~~!!
e0081339_13261282.jpg


e0081339_13264067.jpg


e0081339_1327033.jpg

e0081339_13271748.jpg

続きはまた・・・・アンニョ~ン♪
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-06 13:07 |  +2008.5月 | Comments(0)

韓国旅行 08.5.19 1日目

なにせ一か月半も前の事・・・・・記憶が薄れつつあり。

セントレア夕方の便発
ソウル仁川空港6時頃着
ホテルに7時過ぎ着
あはは^^ゞ なんてアバウト

空港にお迎えのガイドさん、男性の方は初めてです。
とにかくテンションが高くて愉快な人で、車中大笑いしてたら
あっという間にソウル市内でした^^

・・・・って、実は私・・・・頭痛はするし食欲ないし絶不調だったんだけどね(泣)

仁川空港からソウル市内への1時間あまりの移動時間の間も、
息子2は街中の写真をおもしろそうにパチパチ撮っていました。

今回は息子との二人旅
ホテルのグレードをいつもよりUPし「ロッテホテル新館」に泊。
素敵で過ごしやすいホテルでした。

e0081339_12212290.jpg

新館ロビー


e0081339_12214037.jpg


e0081339_12221090.jpg

このソファー持って帰りたいほど
すわり心地サイコー!!





部屋に荷物を置くや否や
「肉が食いてぇ~~~!!」ってことで、
私の旅行記ではもうすでにお馴染みの明洞セジョンホテル裏通りにある「本家(ポンガ)」へ、
焼肉を食べに行きました。

e0081339_0194595.jpg
e0081339_020381.jpg


なんだか胃の調子も悪く、食欲もない状態が続いている私をよそに、
息子2はガッツリと平らげ、おまけにビールを2本も空け。

「うまい!!」と満足してくれて、その言葉に大満足の私ではありましたが。

お腹をいっぱいにした後、明洞に来るといつものコース^^

FACESHOPのお姉さんに挨拶をしつつ化粧品や老化防止パックをどっちゃり買い、
バッタ物の靴下を露天のおばちゃんちでこれまたどっちゃり買い、
すごい荷物を持ったまま(もちろん、荷物持ちは息子の役目)
地下鉄に乗り東大門市場まで某ブランドのバッタ物パンツ(下着)を買いに行きました。
後輩にも頼まれたって・・・・・何枚買うのぉ~~~!!
帰り税関でスーツケース開けられたひにゃぁ~~みんなアウトですがなぁ・・・・。
って、滅多にそういうことはないと思うけど(ヒヤヒヤもん)


東大門市場から地下鉄に乗り、ホテルの方へと戻ってきました。

なんか夜食に食べたいって言うので、
ホテルの横で開いてた屋台のおでんと海苔巻を買って部屋へ。

これまた「うまい!!」って言いつつ息子完食!!

お風呂に入ってなんだかんだでAM1時頃就寝でした。
e0081339_1231850.jpg

なぜに・・・トイレ?(笑)



ではでは、この続きはまた^^
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-06 00:43 |  +2008.5月 | Comments(0)

何故に?親子旅

すでにおぼろげ・・・・・必死に思い出しながら!?

5月19~21日と二泊三日で息子2と韓国へ旅行に行ってきました。
e0081339_21301029.jpg
名古屋 セントレア空港
大韓航空機



なんちゅうか・・・・いわゆる「就職祝い」旅行って言うんですかね?

私は、ちゃんとした職についたことはなく、
今で言うところの契約社員みたいな感じで娘時代を終え、
オットも家業を継いで今に至り、
頼りの息子1は大学を中退し(あれっ? さりげなくカミングアウト? もう言ったっけ?)
我が拙会社で働いているので、これまた何のアドバイスにもならず。

こんな就活にチンプンカンプンな環境の中、
しかも、3流4流大在の息子2に就職先はあるのかっ・・・・・。
ずいぶん心配しました。

いったいどういう職種が自分に向いているのか?
何がしたいのか?
息子2自身がわかってなくて、
会社説明会に行きつつも疲れ果てて6キロ痩せたそうです。

会社説明会に出席している間に、だんだん自分の姿が見えてくるようになってきて、
数社の面接等を重ね、
5月のGW前に某会社への入社を決めました。

就活をしている間に、なんだか人間的に一回り大きくなったような気がします。
面接の様子にもドラマがあり、
へぇ~~~!ほぉ~~~!と、面接など受けたことがない(バイト面接は除く)
私たち夫婦は感心するばかり。

息子2、学力ないっすけど、おバカですけど、
「君のそのコミュニケーション能力はすばらしい!」とか
「その爽やかな笑顔はぜひうちの会社に必要!」とか ←どんな会社!?
面接が2次・3次といった会社を断った時も、
その人事担当の人からとても分厚いお手紙をもらい、
「この先、ご就職されても何かありましたらいつでも御相談に乗りますので(中略)
わが社をどうぞお忘れなく・・・・・」 ←誰にでも出しているかも?ですが・・・・・。

中小企業は、人員確保に必死だと言われてますしね・・・・・(汗)

大学のキャリアセンターのおっちゃんとかともとっても仲良くなり、
いろいろアドバイス等受け、
この3月で退職されたそのおっちゃんに(昔は某大手会社勤務)
「最後に君のような学生に出会えてうれしかった!
 君のような部下ともう一度仕事したかったなぁ・・・・」と言って、握手して別れたこと。


どの言葉も半分はお世辞とは言え、
これから就職し、心折れそうになってもこういう「ほめ殺し言葉」を思い出して、
頑張っていけるような気がする・・・・・などと言ってました。


いやぁ~・・・・しかし、今日このごろの就活ってこんなに早く決まっちゃうんですかね?
まずは大学3年から4年の間の春休みが勝負って・・・・びっくりです。

母としてなんぞアドバイスをと思っても、
エントリーシート?
なんとかテスト?
意味わかりません。
就活もパソコンと携帯電話が使えないと難しいとは・・・・これ如何に?

・・・・っで、「就職祝い旅行だぁ~!」なぁんて、
大旗を振って行けるような御大層な会社ではなく
いわゆる地味ぃ~に中小企業への入社ではありながら、
なんかふと・・・・・学生の身軽なうちに「親子旅行」はどう?ってことで話はとんとんと進み、
「韓国でおいしいもの食べたい!」と言う息子2のリクエストにお答えしサックリ行ってきました。
(私がそう仕向けたとも言う(笑))

楽しかったけど
なんだかこれが息子2との最初で最後の(!?)二人旅だと思うと、
センチメンタル・ジャーニーとあいなりました。

前置き長すぎ(苦笑)
ではでは旅の本編はまた後ほど。
[PR]
by mam-mam-48 | 2008-07-05 22:47 |  +2008.5月 | Comments(0)