心筋梗塞 事の顛末 3

e0081339_11315969.jpg

3日間はICUにいて、
4日目からは10Fの循環器科のナースセンターのすぐ横のエリアに移動

まだまだ絶対安静
色んな管が身体に繋がれてます。


こんな事、素人が安易に言ってはいけないかもしれませんが、

心臓って、カテーテル手術をしてステントやらを入れると、
ビックリするくらい楽になって、
元気戻るんですね?


弟は、すぐにでも動きたい模様
しかも、
「腹減った~ 腹減った~」 こればっかり^^;


お医者さんの説明によると、

冠動脈3本のうち1本が完全に詰まっていて、
もう1本も70%詰まっているので、
それは退院まじかにステントを入れる手術をするようです。

心臓の一部が壊死しているとも言われました。


居酒屋の横で倒れていた5時間強が実にもったいなかったと・・・・。

本当に後悔と反省@@;

こんな状態の時、無駄に男気なんぞ出してもダメだってこと
胸に刻ませました。


説明を受ければ受けるほど、
ほんと! よく生きてたね(涙)
と、鳥肌が立つ思い(T-T)


4日目の夜、
カーテンひとつで仕切られた隣のベットのおばあちゃんが危篤状態になり
バタバタ バタバタ

家族は集まってくるはで、

他人の臨終に立ち会うのは嫌やぁ~(>_<)と、
寝るに眠れず、ちょっと弟もまいっていたら、

「ベットの差額は要りませんから
 ナースセンターの目の前の個室に移ってもらうわね」と、
ホテルのような個室に移動


部屋の中には、
トイレ ・ シャワー室 ・ ソファー ・ TV ・ 冷蔵庫 ・ 電子レンジ
空調もバッチリで

ほんとホテルのよう!

って言っても、まだまだ絶対安静の弟

トイレもシャワーも使えませんが^^;



今の病院って、病室前に名前は書かないんですね。
個人情報保護法により?

病室が変わったのを知らず、
次の日お見舞いに行ったとき、
前日までいた弟のベットが空っぽになっていたので
・・・・・・・色んな意味で・・・・・焦りました・・・・・(^A^;)


ホテルのような個室
ここならよう~喋れる^^   ←これこれっ^^;


「あの危篤のおばあちゃん、その後どうなったんやろなぁ~?」と
弟が心配してたら、

一緒に来てた父が、

「あぁ~
 さっきトイレに行く時、そのおばあちゃんがスタスタ廊下を歩いているの見たよ^^」


「・・・・・・えっ!?(沈)」

弟と私、思わず目を合わせ、


見たなぁ~(>_<) ガクブルッ


つづく・・・・・・・・。
[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by mam-mam-48 | 2015-08-25 12:09 | ★日々ネタ | Comments(0)